お小遣いアングラーは辛いよのブログ

釣りばっか日誌化しはじめてます。一児のパパがお小遣いでたまに行くシーバスフィッシング

ライン選び(メインライン編)

どうも!お杉です!


最近は、休憩中に釣りの話ばかりしてます(笑

その時に、釣り場を聞かれたので何ヶ所か教えてLINEでガイドしたりなどの毎日を送ってます(笑

ガイド勝率は、今のところ90%です!

自分が行かないと釣れるとは…

サイズは、20〜58センチで6匹だそうです(´;ω;`)


そのおかげか、負の連鎖といいますか、休憩に釣り場に着いてなどの質問を知らない人からされると言うことに…

言わないでねと、あれほど言ったのに…


いい話もあります!

な、なんと、釣り仲間が増えました!

シーバスをやってみたいと!

そして、私のやったことの無い釣りを誘ってくれる!

師匠が出来ました!

もう、感激です(´;ω;`)

もっぱら、LINEで釣りの話ばかりです(笑

嫁には、釣りバカ日誌のハマちゃんみたいになってきてるねと笑われてます(笑


さて、本題に

ライン選びについて


シーバス釣りのライン


今は、メインラインをPEにするのが主流となってます。


メリット


・細いラインでも強度がある

・飛距離を出しやすい

・あたりを感じやすい


デメリット


・擦れに弱い

・ラインシステムを組まないといけない

・扱いが難しい




という感じです。


私の使っているのは2000円程度のやつですが物によっては高くなります。


4つ編み、8つ編み、12編みなどで変わってきます。


編み込み本数での違いとしては、糸鳴りを抑える事ができるのと、強度が強い、若干ですがガイドの滑りが良く飛距離が伸びるという感じです。


好みでいいと思います。


巻いていて音が気になるなら、本数が多い方がいいですね。


太さについてですが。


湾奥陸っぱりだと、0.6〜0.8号

サーフ、大型河川だと、0.8〜1.2号

磯は、1.5〜2号がいいですね。


ボートは、特殊でキャストゲームなら0.8〜1号

穴打ちなら、1〜1.5号がいいと思います。

一番いいのは船長さんに聞く事。


色は、見やすい色ですね!

アタリを見分けるのもありますし、どこに飛んだか確認するのにも見やすい方がいいですね!

私はグリーンを愛用してます!


今回はこの辺で!

次回はリーダーとラインシステム編を書きます!