お小遣いアングラーは辛いよのブログ

一児のパパでありながら、シーバストーナメント参戦!もちろん、お小遣いをやり繰りしながら

リールの選び方

どうも!お杉です!

すっかり、暑くなりましたね…

公園で、子供と遊んでいると汗だくになりますね💦

さて、リール選び!と言ってもシーバスのスピニングを対象にした選び方になってしまいますが書いて行きます!



友人もシーバスをはじめましてリールを見せてもらいましたが…イグジスト…ステラ…セルテート…うん…みんな、高級品…

一緒に行くだけで、お杉さんは恥ずかしくなります(笑

そんなことは置いといて、本題!


1、サイズ 番台


リールのサイズですが、今までの経験上2500〜3000番(ダイワ)が使いやすいです。

シマノのリールの場合は3000〜3500番


ラインを巻くスプールのサイズが小さいと、糸に癖がつきやすく、キャストしたときに、ライントラブルを起こしやすいってのがあります。

夜釣りだと、もうどうにもならない事態になってしまったり。

ほどくのに時間がかかる、または、ラインを何メートルも切らないと治らない場合もあります。

防ぐ方法もあるにはあるのですが…

巻く時に、糸フケを取ってから巻く、着水するときにサミングをする、などなどの技術が必要なのと、手返しが悪くなるのもあります。


2、ギア


リールには、ハイギアとローギアがあります。

違いは、一巻きの長さと巻き取る時の強さですね。

車で言うと、4速と1速くらいです。多分


ハイギアは、高速巻きを得意としてます。

ルアーを早く巻きたい時にいいですね!

ミノーを、デイゲームなんかで見切られ無いように高速リトリーブなんて時に活躍します!

だけど、パワーがあんまりなんです。

バイブレーションなんかの重いルアーは苦手

あと、遅まきするのが難しい


ローギアは、オールマイティに使える!

ただ、早く巻きたい時に体力勝負になります!

腕が壊れるくらい。

バイブレーションやジグなんかを使う時はオススメ

ナイトなんかでミノーをスローリトリーブで巻く時に使えます!


3、ハンドル、スプールの深さ


ハンドルは、左右どちらでも大丈夫です。

一日中、投げて巻くので疲れないのがいいと思います。


スプールの深さは、巻く糸の太さで変えるといいです。

浅溝なら、0.6から1号を150m

深溝なら、0.8から1.5号を200m

って具合に使い分けるのもいいと思います。

ボートなら、200mは欲しいですね。


私は、深溝を使ってます。

2500には、0.6を200m

3000には、0.8を200m巻いてます




こんな感じです


金額とかは、割愛します!


6000円から1万程度のでいいかなとは思います!


それでは!また!

次回は、ラインの選び方かな(笑


釣り場で見かけた時には声掛けてくださいね^_^